HOME>オススメ情報>特別な結婚指輪だからこそ手作りしよう【制作の流れとは】

手作りの結婚指輪を作ろう

記念の指輪だからこそ、自分の手で作る婚約指輪を作りたいと希望する方が増えています。工房などに希望デザインを伝えて依頼したり、場所を借りて二人でハワイアンジュエリーなどを作る手作りコースがあったりと特別な結婚指輪を作る過程を通して素敵な思い出づくりができておすすめです。

特別な結婚指輪だからこそ手作りしよう【制作の流れとは】

ハワイアンジュエリー

手作りの結婚指輪を制作する際は流れをチェック

オリジナルの結婚指輪を用意したいなら、工房などにて制作をすることになるでしょう。自分達で作るときの流れとしては、工房で制作をする日時が決まったら、来店してすぐにデザインを決めて指輪の原型を作る作業を開始します。すでに制作済みのサンプルなどを参考にして、希望する金属の素材やデザインを決めていきます。この際、専門のスタッフの指導もありますので、特に事前の準備なしで作業を進めることが可能です。
そして、デザインが決まったら、加工のしやすいロウで型作りをします。その後の金属までの加工は難易度が高いので、プロの職人にバトンタッチして仕上がりを待つといった段取りとなります。

ハワイアンジュエリーのモチーフが持つ意味

ハワイアンジュエリー

幸せになれるプルメリア

見た目の純白な可愛さに女性のイメージが重なります。女性の守り神が宿るとされているプルメリアは、身につけると幸せになれると多くの人から愛されています。

夢や願いが叶い幸福が訪れるバレル

バレルは樽の意味。夢や願いを樽の中に入れて守ることで、やがて願望が成就するとされています。目標に向かって頑張っている人むけに、成功を願って贈りたいアイテムです。

幸せを釣り上げるフィッシュフック

魚を釣るのと同じように、釣り針で幸せを釣り上げる、もしくは幸運のチャンスを逃さないという意味合いがあります。恋愛を叶えることを願ってペアアイテムとする方もいます。

幸せが訪れるホエールテール

クジラに出会えることは幸運であるとされており、海面から飛び上がって海に戻る際のしっぽの形を模したホエールテールが幸運の象徴とされています。幸せを強く願う方のためのラッキーアイテムとなります。